So-net無料ブログ作成

秋の夜長って事は、当然昼は短くなるって事 [日常]

秋の日は釣瓶落とし。


いつの間にか日が暮れるのが早くなった。
暮れ始める時刻も早くなったけど
暮れ始めてから日が沈み切る迄の時間も早い。


今日は久々に早々と仕事を終えたのだけど
もう既に空には太陽が無く
代わりに月が輝いていた。
夏場であればまだまだ明るい時間帯なのに
今日はもうすっかり夜になっていて
「あぁ、もう秋なんだ。」と
秋の訪れを確かに感じた瞬間でした。

最近、日射しは相変わらず暑くても
風はもう冷たくて秋風を感じる。

正午前後に開け放った窓も
日が傾いてくると風の冷たさに
少し肌寒く感じる様になってきた。

確かに秋はゆっくりとではあるけど
訪れてきているんだね。


暑いのは苦手なので涼しくなるのは嬉しい。
でも、涼しくなってきた空気に
去り行く夏が名残惜しくなるのは何故だろう?

きっとなんだかんだ言っても
夏が一番活気に溢れた季節で
秋が来ると紅葉の美しさに目を奪われているうちに
あっという間に冬が来てしまうからなのだろう。

冬の寒さも苦手なので
冬は出来るだけゆっくり来て
早目に去って欲しいと思ってしまうww


多分、一番好きな季節は秋。
夏の暑さから解放されて
ホッとする季節。
それに景色が赤や黄色に色付いて綺麗。

どの季節にもその季節なりの良さがあるけれど
秋が一番過ごし易い気がして好き。

春は冬が終わりを告げ
少しずつ温かな陽気に包まれ
冬の寒さに凍えていた景色に緑が芽吹き
そんな小さな春を見つけるのが好きだけど
花粉症の始まりを告げる季節でもあるw

夏は活気があって楽しいイベントも沢山で
一年で一番アクティブになれる季節だけど
何と言っても暑い!!
特に今年の夏は半端じゃない位に暑かった(×_×;)

冬は空気が澄んでいて
それでいてピーンと張り詰めるような冷たさに
背筋もピンとなる気がする。
吐く息を白くしながら外を歩いた後
室内の暖かさに感じる安堵感は
この季節ならでは。
チラチラと降る雪を天使の羽根に例えた歌詞もあったけど
室内に居て降る雪を見るのは結構好きだったりする。
でも、やっぱり寒い!!
夏と対極を成す寒さが夏の暑さと同様に苦手。


こう考えると秋が一番良く思える。

まぁ、秋も言ってしまえば
何となく人恋しく切なくて
特に晩秋は冬の訪れに
溜め息も増えてしまうのだけど……。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。