So-net無料ブログ作成

月見なう [日常]

9月22日は中秋の名月ですね。


中秋の名月とは
「太陽と月の角度が観月(月見)に最も良い時節」なのだそうです。
簡単に言うと、お月様が一番綺麗に見える(明るい)日って事。

因みに去年の中秋の名月とは日付が違います。
去年の中秋の名月は10月3日。
これは「中秋」が旧暦の8月15日の事だからで
旧暦は太陰暦……つまり月の満ち欠けに影響されてズレるので、
毎年その日が違うのです。


さて、そんな中秋の名月ですが
今年は当日が曇りなのでは?
と言われてましてヒヤヒヤしてました。

調べて分かった事なのですが
昔は中秋の夜に雲などで月が隠れて見えない事を「無月」と呼んだり、
中秋の晩に雨が降ることを「雨月」と呼んだりして、
例え月が見えないとしても
そのほんのりと明るい空の様子を楽しんでいた様です。
他にも平安時代などでは中秋の名月の夜に舟に乗って、
月を直接見るのではなく水面に映る月を見て一句詠んだりと、
多様性と趣のある楽しみ方もしていた模様。

曇りでも色々なところに風情を感じる事が出来るんだよという事に、
平安時代の遊び方から気付かされました。
以前から思っていたのですが改めて平安時代の人々って
雅やかな中にも風情を大事にしてますよね。


そんなこんなで
「見えなくてもそれはそれで良いのかな」
なんて思っていたのですが、
ちゃんと見えましたよ~、お月様(^^)

少し薄曇りだったりもしてましたが
朧月も良いですね。
たまに雲の合い間からくっきり見えたり
また隠れたり
むしろ朧月ならではの風情がありました。


そんな風情に釣られて(?)
普段は殆どしない晩酌をしてみたりww
今日は仕事が早く終わったので
帰りに美味しい日本酒を買って飲みました。

月を眺めながらの所謂、月見酒。
流れる雲と月、そして月明かり……。
ボ~ッと月を愛でていたら凄い時間になってました。
で、今、月見酒しながらブログ書いてますww

チビチビ飲んでるので、飲酒量はそれ程でもなく
それでもほろ酔いww
そして、かなりの夜更け……。
まぁ、たまにはこういう晩も良いですよね。

って事で、お月見してたら
かなり時間が経過していた様で
こんな時間の更新なのですww

お昼には「昨夜の分も~」なんて書いてましたけど
こんな月の綺麗な夜は
長々と書くよりも、もう少し月を眺めていたい気分。


勿体付けるほど大した内容でもないのですが
またの機会にしましょうww

本当に大した事ではないので
近いうちにそれと言わずにサラリと書きたいと思いますww
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。