So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

放射能はうつらない! [ニュース]

福島県から避難してきた子どもが、
「放射能がうつる」などといった
心ない言葉や偏見に傷つき、
避難先の変更を余儀なくされていたことが分かりました。


原発事故の影響で、
福島県・南相馬市から親戚の家に避難してきた小学生の兄弟。
先月、この兄弟が
避難先である千葉県船橋市内の公園で遊んでいたところ、
地元の子ども達から、
「放射能がうつる」などと心ない言葉を掛けられました。

関係者によると、兄弟は市内の小学校に転入することを諦め、
新学期を前に、再び、福島市内へと避難先を変えたといいます。


避難してきた子どもの受け入れなど、
被災地への支援が広がる中で起きた今回の問題。
船橋市の教育委員会は小中学校に対し
「避難者の不安な気持ちを考え、言動に注意しながら対応すること」
などといった異例の通達を出しました。


「子ども達は知識がないので、
一緒に遊んでも、うつったりすることはないと教えなければいけない」
「心に深い傷を負っているのだから大人がケアしていくべき」
そういった保護者の言葉の一方で
家庭では放射能に対する不安を口にする保護者が
多いのではないでしょうか。

子どもは大人の話を聞いていない様で
実によく聞いているものです。
大人の不安がそのまま子どもに現れている
と言っても過言ではないのです。
普段大人が口にする放射能に対する警戒の言葉を
子どもが聞いていて
野菜や魚に対して風評被害をもたらす様に
避難して来た子ども達にまで風評被害が及んでいるのでは
ないでしょうか?


被災地のがれき処理など
復旧作業に影響が出そうな「現象」も起きています。

「一番多いのは放射性物質で汚染された廃棄物を、
川崎市に持ち込まないでほしいと」
川崎市環境局に届いた住民の苦情です。

福島県など被災地で出た
「災害廃棄物」の処理を検討している川崎市では
「放射能に汚染されたゴミを処理するのは止めて欲しい」
などといった市民からの苦情が、
これまでにおよそ2900件寄せられているということです。

川崎市によると、具体的な処理計画は決まっていないそうですが、
「汚染されたゴミを処理することはない」といった説明を、
急遽、市のホームページに載せるなど対応に追われているようです。

こうした事態について、放射線医学総合研究所では
「正しい知識を持たないまま怖がっているケースが多い。
避難してきた人や災害廃棄物が
放射能に汚染されているということはなく、
差別や偏見につながらないよう冷静に対応して欲しい」
としている。


放射能に対して不安があるのは分かりますが
正しい知識がないままに
無闇やたらと怖がり思いやりに欠ける言葉を発するのは
間違っています。
特に子どもはその辺りを敏感に感じ取ります。
言葉に出さなくても親の態度を見ています。
口では「避難して来た子とも仲良くしなさい」と言いながら
放射能に汚染された物だけでなく
避難して来た方々が放射能に被曝していないか
または被曝していた場合、うつらないか
といった目で見ていないでしょうか?


非常に恥ずかしく、残念な事件です。

子どもは残酷な程に親の不安を敏感に肌で感じ取るものです。
正しい知識を身に付けて
子ども達にきちんとした知識を与えられる
そんな大人でありたいものです。
間違っても避難して来た方々を拒絶する様な事が
あってはいけません。

こんなニュースを見る度に悲しくなります。
差別、偏見……
知識の無さが招いた悲しい事件です。
もうこんな事件が起こらない事を
嫌な思いをさせてしまった子ども達の為にも
願いたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

乳幼児に飲み水を…… [ニュース]

乳児に対して水道水の摂取制限が出ましたね。

これによって飲料水の買占めに拍車が掛かった気が……。


乳児の居るご家庭では
それこそ必死の思いで各店舗を渡り歩いて
水を買い集めている様です。

しかし、なかなか十分な量が確保出来ず
涙ぐむ母親も居るとニュースで言っていた。
これは、きっと
普段から水道水を飲まない大人も
買い漁っているからに違いない。

ちょっと待って。気持ちは分かるよ。
でも、
「乳児は甲状腺に放射性ヨウ素を取り込みやすいため」
健康被害が出易く
かつ
粉ミルクしか飲めないんです。


大人なら健康被害に至らない量でも
乳児にとっては命取り。

小さな命を救ってあげて下さい。
ミルクが飲めないと栄養失調になってしまいます。
大人の皆さんは飲むなら水じゃなくても
お茶でもコーヒーでもなんだったら
アルコールでもあるじゃないか!

それしか飲めない小さなお子さん達の為に
水を譲ってあげて下さい。
こんな時に自分の事しか考えられない大人は
子供の目からどんな風に映るでしょうか。
恥ずかしい大人にはならないで下さいね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

心がざわつく…… [ニュース]

電力の問題、原発の問題、余震、
様々不安な事があって眠れない日々が続いてますね。

この状況下では下手に外出するのも危ないし、
特に用事が無ければ家でじっとしてる事が多くなりがち。
家にいるとつい見てしまうのがテレビ。

どこのチャンネルでもやってる緊急特番で
流れる被災地の悲惨な状況……。
それを見てるだけでも繊細な精神の方は
PTSDになってしまう事があるんだそうです。

PTSDってのは心的外傷後ストレス障害のこと。
心的外傷はいわゆるトラウマのことですね。
その後にストレス障害が訪れるというもの。
早い話が
「酷い出来事を見てしまってショックのあまり
何もやる気が起きなくなってしまった!!」
みたいな事ですかね。
……自己解釈なんで間違ってるかも知れませんが。


確かに、ずっとテレビから流れる被災地の凄惨な状況を
見続けていると、胸が苦しくなって
不安・恐怖・悲しみといった負の感情と
精神的なストレスを感じずにいられません。
こんな状況で多くの方が生活してるのかと思うと
本当に胸が締め付けられる思いです。


状況的に考えて一番いけないのはやはり
『ひとりで家に居続ける事』の様な気がします。
話し相手も無く、家で被災地の映像を見続けていたら
気が滅入ってきます。

これが現実に起きている事なのは十分に分かっています。
でも、目を背けたくなります。
苦しんでいる人たちを見捨てるのとは違いますが
居た堪れなくて、本当にどうしたら良いのか。
そして、そんな自分が嫌になります。

自分は目を背ける事で無かった事の様に過ごせても
被災地に居る方々は目を背けたくても
背けられない現実がそこに有るのに
自分はこんな事で良いのか、と。

だからこそ
何でもいいから自分に出来そうな事をしたい。




いま出来ること

徹底的な節電。
コンビニや報道機関の義援金受付。
微弱ながらも出来ることを出来る限りやる!

でも。
ずっと心がざわついています。
何かもっと出来ることがあるんじゃないか。
誰かの心の支えになれる事があるのではないか。


だから、ここで伝えたい。

被災地のみなさんはblogを見ることなど
出来ないかも知れないけれど。

負けないで!
諦めないで!

いま日本国民が一丸となって、みなさんのことを応援しています。

被災者のみなさまが一刻も早く
平穏な日常を取り戻せることを祈り続けます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

余震にも注意して下さい [ニュース]

今日も朝から安否確認のメールや電話を
沢山頂きました。
sakuya、無事です。

友人のツイッターでも報告がなされていたことを
昨夜知りました。
友人に感謝しつつ、情報というものの大切さを実感しました。


さまざまな報道がなされています。
テレビを付けると、どの局も緊急特番をやってます。
被災地の映像を見るたびに胸を締め付けられる思いです。

本当に本当に、辛い。

今自分たちにできることはテレビから流れる情報を受け止め、
冷静に判断することです。

そして、それぞれが思いやりをもった
適切な行動をすることを切に願っています。

重ね重ね、皆さんこの後もくれぐれもお気を付け下さい。



そういえば
聞いた話によると
3日以内にマグニチュード7以上の余震が来る可能性が70%以上
あるそうです。
あくまで可能性の話ですから確実に来る、
というわけではありませんが、
この現状、これ以上惨状を広げないためにも
心に留めて、いつ起きても大丈夫なように
心構え・準備だけはしておくことをオススメします。


無駄になったら……
むしろ『良かったじゃない?』と笑い飛ばしましょう。

笑い飛ばせる事を願っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まずは落ち着いて何をすべきか考えましょう [ニュース]

本来なら開催される週末のイベントが
正式に中止となりました。

現在の状況、
加えて安全面を考えると、
正しい判断だと思います。

心からの笑顔で
おもてなし出来る日にまた改めての
開催を計画したいですね。



今日もまだまだ余震が続いておりましたが
みんなで一つになって、頑張りましょう。
くれぐれも油断せず、自分が今出来ることを。

節電、火を出来るだけ使わないなど。
こういう時の火事などの二次災害に注意。

今、出来る事を、
最良の行動をしよう!!

ネット上や携帯メールで
出所不明や肩書を偽った人間が発した
誤情報やデマが沢山出回っています。

そういったものには
惑わされる事の無いよう
気を付けましょう!

間違った情報の拡散を
手伝わない様に
気を付けて下さい。
不要なパニックを
引き起こすだけです。

確証が得られる情報を元に、
冷静に行動を心掛けて下さい。

今、大きな被害を受け
本当に困っている人達が沢山居ます。

それ以外の地域で
無駄な混乱を起こさぬ様に
気をつけましょう。

救助・救援や復興の妨げになります。

安否が分からない多くの方達の
無事を心より祈りつつ、
クールな対応を。


みんなで一丸になりましょうね!
力を合わせればきっと乗り越えられます。

今、自分に何が出来るのか
冷静に考え判断しましょう。
落ち着いて居れば大丈夫です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

怪我や二次災害にご注意を [ニュース]

皆さん地震は大丈夫でしたか?

とてつもない大震災が起こっています。


まだまだ余震など油断のゆるさない状況なので、
皆さんくれぐれも気をつけて下さい!!

余震だけでも津波が発生する可能性のある規模だとの事です。
津波の2波、3波に十分ご注意下さい。
津波が予想される地域の方は
一刻も早く高台に避難して下さい。
近くに高台が無い場合は3階~4階以上の、
コンクリートなどで造られている、しっかりとした建物の、
出来るだけ高い階に非難してください。

海や河川から数キロ離れた地域まで
津波が押し寄せる可能性もあります。
また、津波は繰り返し発生することがあります。
水が引いても2回目、3回目の方が大きくなる事もあります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

そこまでする必要あるの? [ニュース]

京都大学をはじめとする有名大学で、
入試開始から間もない時間帯に
入試問題がYahooの質問サイトに投稿され
そしてすぐに誰かがその入試問題の解答を投稿。
このインターネットを使った新しいタイプのカンニングに対して
ネットで大きな話題に。
そしてテレビなどのマスメディアでも大々的に報道。

この問題、sakuyaはそんな騒ぐほどの問題かと冷めた目で見ていた。
もっと報道するべき重要なニュースが多数あるのに、
なぜこんなくだらないことをトップニュースで毎日扱うのかとウンザリ。



確かにカンニングは不正。
カンニングを肯定するつもりは全く無い。
でも、バレたら、バレた人が合格点をとっても不合格になるだけで、
それだけの問題だろう。
大人に叱られれば済む程度の問題だし、
そもそも学生の頃を思い出しても、
自分ではしていないけど、テストで点を取る為のカンニングは
周囲ではありふれた出来事だった気がする。

学校側もたまに見せしめで捕まえて、
見つかった人は他のテストの点も全部取り消されるので
補習・追試が確定するだけ。
いずれにしても、見つかったらそれなりのペナルティーを
本人が受けるのでそれで十分。



こんなくだらない些細な問題だったのに
カンニングした疑いをかけられている予備校生が、
なんと「逮捕」されてしまった(@▽@;
こんな子供の悪戯に国家権力が介入してきたのだ。
こんな事に警察が動くのかぁ!!
正直、ビックリだ。


このカンニング問題はとても些細な事だと思っている。
大きな金額が動く商取引での契約違反や不正は大問題だけど、
たかが大学入試での事。
今時、いい大学に入っても、
実利的には就職活動で大企業の面接に呼んで貰える
というだけの価値しかないだろう。
そしてたとえ大企業に入社しても大変安い給料でこき使われるだけで、
何も経済的価値はない。
その程度のものでしょ??

Yahooなんていう有名サイトで答えを聞くという
バレバレのカンニングがやっぱりバレてしまって、
むしろ実に微笑ましい事件ではないのか?
いや~、おバカさんだね~
って笑ってやればいいじゃない。


ところがこのような考え方は日本では少数派の模様。
みんな大学入試を目指して大変な「苦労」をするから、
それはとても神聖なものの様に思っているらしい。

入試の勉強なんてどんだけ時間掛けたって
たかだかほんの数年程しかしないでしょ?
大変だと思っていても過ぎてしまえばいい思い出。
人生のうちのほんの僅かな時間の事。

自分がどうだったか思い出してみても
新しい事が色々分かって新鮮だった。
自分の為に好きで勉強しただけで「苦労」とは違う。

ところが多くの日本人は大学入試で「苦労」しているので、
「苦労」せずにカンニングして合格しようとした人間が許せない。
だからこそ大々的に報道され、犯人は糾弾されたのだろう。


でもね、よく考えてみて!
大学卒業して社会に出た後、殆どの人は一角の人物になれずに、
働いているフリをするのが忙しいサラリーマンになり、
社会の片隅でひっそりと生きている。
そういう人たちにとって、大学合格こそが人生のピークであり、
誇りなんだね。
だからこそ大学名を神聖な身分制度のような物として、
自らの絶対的なアイデンティティに据えようとしている。

慶応大学卒業の俺は、明治大学卒業の君より「上」なんて感じにww


ハッキリ言って笑ってしまう。
今時、いい大学を卒業したからって、
経済的な成功とはあまり関係ないのに……。

そういった人たちにとって、
カンニングで大学入試に合格している人が
かなり居るかも知れないという事実は、
自らの存在価値を脅かす。
カンニングで合格出来るとなれば、
自らの心の拠り所である大学入試の権威は失墜してしまうからだ。
だから今回のような不正が発覚すれば、
犯人は徹底的に追求して、極めて重い社会的制裁でもって
二度と同じような事件を将来起こしてはいけない
という、使命感のようなものがふつふつと沸き上がってくるのだろう。

以上のような日本人の心をマスコミは最大限に汲み取り
大々的に連夜報道したのだろう。
が、やり過ぎだろうwww
そんなたいそうな事件じゃないって!!


マスコミがセンセーショナルに大騒ぎして報道するから
警察まで動きだしちゃって……。
国家権力発動ですよwww

正直「またか」と思ったね。
やれやれ。
マスコミが報道して国家権力が動く例は
例を挙げればキリが無いね。
世間を騒がせたってだけで逮捕者になってる気すらする。


マスコミに後押しされて、警察が動いて
なんと罪状は「偽計業務妨害容疑」だそうですよ。
この受験生が大学の入学試験という業務を著しく妨害した
ということなんだとか。
こんな事がまかり通るなら、
日本人は誰でも逮捕されてしまうでしょう。
国家権力がこんな安易に行使されていいのか!!!
憤りを感じるね。


こんな下らない問題に
軽々しく国家権力を投下するなよ(--;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

花粉乱舞 [ニュース]

どうやらそろそろ花粉が飛びそう……
って事をニュースで言っておりましたね。


しかも……
昨年の夏の猛暑の影響で
普通の時よりも『10倍』飛ぶらしい!!!
マジでか!Σ( ̄□ ̄lll


こいつは……ヤバイ!!!
花粉症対策をキッチリせねばなるまい。
対策はするけれど
この量に耐えきれるかは……正直不安だな(^^;


本格的な飛来は来月頭ぐらいからって言ってたから
それまでに
花粉対策グッズをゲットしとかないと。


予防だ!!予防!!!
生き残るにはそれしかないwww


このニュース見て、早速買い集める人も居るかも知れないから
早目に確保しておかないと
いざ欲しい時に手に入らなくなる可能性もあるぞい。

花粉症をお持ちの方も
そうじゃない方も対策は早目に且つ万全にしましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自然が牙を剥くと恐ろしい [ニュース]

既にご存じの方が多いでしょうが、
奄美大島でなんと600ミリを超える雨量が観測されたそうです。


気象庁では、奄美大島付近に停滞する秋雨前線に、
台風13号の周囲を流れる暖かく湿った空気が
南から断続的に流れ込み、雨雲が発達したとみている。

秋雨前線と台風の取り合わせは、
過去にも豪雨災害を引き起こしているだけに
今後も予断を許さない状況と言えそうですね。

前線は22日に掛け停滞し活動が活発化する恐れがあり、
警戒が必要との事。

気象庁によると、前線付近には北東から冷気が流れ込んでいて、
そこに南から暖かく湿った空気が乗り上げる格好でぶつかったために
上昇気流が発生して大気の状態が不安定になり
大雨に至ったらしい。

昨日の時点で10月の月間降水量平年値の3倍近い雨が
1日に降ったことになるそうで
そう聞いただけでもどれだけ凄い降りっぷりか想像に難くない。


前線の停滞で、猛烈な雨が断続的に続いたのも特徴で
ゲリラ豪雨の比ではないらしい。

ゲリラ豪雨は局地的で瞬間的な大雨だが
それでもかなりの被害をもたらしたのだから
断続的に続けば当然その被害は甚大。


今朝はそんなニュースを見ながら朝食を取っていたのだが
余りの凄さに言葉を失った。
駐車場の映像では車が完全に水没。
腰丈にまで水に浸かって道路を歩く姿は
川を漕いで歩いている様で
2階建ての建物は1階部分がすっかり水没してしまっていた。

今朝のニュースで聞いただけでも
水かさが150cmにも至った場所があるという話もあって
小学校に取り残された子供達は寧ろ校舎内に居た方が
安全なのではないかと思ったほどで
「日本沈没」という映画のタイトルを思い出し
背筋にゾクッとくるものがあった。


自然の猛威を見せ付けられた今回の大雨。
自然災害が起こる度に思うのですが
こんな時の人間は自然に抗う術を持たず
なんて無力でちっぽけな存在な事か……。


レーダーによる解析では、
奄美地方南部から発達した雨雲が北上しており、
21日夜にかけて局地的に雷を伴い
1時間に50ミリ前後の非常に激しい雨となる可能性があるそうなので
奄美の方々は今夜も眠れぬ夜を過ごす事になりそうですね。


降り止まぬ雨は無いとはいえ、一刻も早く雨が止んで
早急な復旧を祈るばかりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

言葉のナイフを突き立てるのは止めましょう [ニュース]

近年、働き盛りの方の自殺が増えているとよく聞きますが
今日はそんな働き盛りな方の自殺に関するニュースについて。


会社のビルから飛び降り自殺をしたのは
上司の厳しい叱責などが原因だとして、
出光タンカーの社員だった男性(当時43歳)の遺族が、
労災を認めなかった国の処分を取り消すよう求めた訴訟の判決が
18日に東京地裁でありました。

その判決で裁判長は
「叱責は精神障害を発症させるほど厳しいもので、
自殺は業務が原因と認められる」として、
不認定処分を取り消したそうです。

判決によると、男性は1997年7月から同社で経理を担当。
99年頃には、上司の課長から
「会社を辞めろ。辞表を出せ」「死ね」
などと激しく叱責されるようになり、
鬱病を発症し、その年の7月に会社のビルの6階から
飛び降り自殺したとの事。


判決では上司の叱責について、
1.人が見ている前で公然と行った
2.言葉が厳しく感情的
3.他の管理職から注意されるほどだった
などから、「企業における一般的な程度を超えていた」
と判断されたそうです。


自殺した男性が上司にここまで言われるに至った経緯は
よく分かりません。
余程酷い失敗でもしない限りここまで言われたりはしないでしょうけど
「死ね」なんて言葉は何があっても使っちゃいけない言葉です。
もはやこれは叱責ではなく言葉の暴力。
部下に向かってこんな事しか言えない上司は
最低最悪以外の何者でもないでしょう。


仲間内で冗談で「お前なんて死んじゃえ」と言われるのなら
冗談だからと笑って聞き流す事も出来るけど
上司から「死ね」などと激しく叱責されれば冗談では済まされない。
毎日吐かれる暴言に耐えかねて自殺。これは耐え難いですね。
激しく落ち込むし自殺しないまでも鬱になるのも当然。


立場を利用して暴言を吐くのはよくある光景です。
ただお互いに大人ですしね……。
馬鹿とかアホとか死ねとかそういう事を直球で、ってのは
余りにもお粗末で
「子供の喧嘩ですか?」と言いたくなりますね。

第一、厳しく指導するのと暴言を吐くのは全く違います。
この部分を間違えてる方が大勢居るのが何とも情けないですよね。
管理職の皆さん、気を付けましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。